「植物性ラクトバチルス乳酸菌によるヒト試験データレポート」

アトピー性皮膚炎を含むアレルギー症状は、人間の体に備わっている「免疫機能の乱れ」によって発症するといわれています。
免疫細胞の一種であるヘルパーT細胞の中には「Th1」と「Th2」があり、そのうちTh2こそがアレルギーを起こす細胞です。
正常な状態では、「Th1」と「Th2」の働きが均等でバランスがよく保たれているので、このときアトピーやアレルギーは起きません。

本来、「Th2」は寄生虫を排除する役割を担っていましたが、近年清潔な環境によって寄生虫はいなくなりました。
その結果、「Th2」の攻撃対象は体に無害であるダニや花粉などに向けられてしまうようになり、働きが活発となってアレルギー症状を誘導しています。
一方、「Th1」は細菌やウイルスを排除する細胞であり、「Th2」の過剰な反応を抑える作用もあります。
しかし現代の日本の衛生的な生活環境によって「Th1」は弱まっており、それによって「Th2」は暴走し、アレルギー疾患が増加しているのです。

それならば、弱まってしまった「Th1」を元気にしてあげましょう。
「Th1」は善玉菌である「乳酸菌」に対しても「細菌のひとつ」と認識して活性化します。「Th1」を元気にすれば暴走している「Th2」を抑制することができ、その結果アレルギー症状の軽減につながります。
つまり、アトピーのつらいかゆみも抑えられるということです。
積極的に乳酸菌を摂取して、乱れた免疫機能のバランスを整えることが大切です。

「植物性ラクトバチルス乳酸菌」は、動物実験およびヒト臨床試験において、アレルギー症状の抑制効果がしっかりと確認されている植物性乳酸菌のひとつです。
ヨーグルトなどの動物性の乳酸菌とは違い、酒粕由来の植物性乳酸菌で、製造過程においても配慮がなされているため、乳アレルギーの方でも安心して摂取できるのが特長です。
口から摂取できる食品由来の乳酸菌であること、
また日本人の食文化になじみのある乳酸菌であることも
考慮されており、信頼、安全、安心という条件を兼ね備えた
乳酸菌と言えます。

近年、アレルギーを引き起こす要因のひとつとして考えられている「免疫機能のバランスの乱れ」に対し、乳酸菌がそのバランスを整える作用があるという研究が多数報告されています。
なかでも、注目されているのが「植物性ラクトバチルス乳酸菌」。
植物性乳酸菌50種類以上を対象とした研究では、免疫細胞のTh1リンパ球を活性化し、免疫機能のバランスを整える抗アレルギー作用が最も高いことがわかっています。

軽症から中等症のアトピー性皮膚炎の成人患者(計29名対象)が12週間植物性ラクトバチルス乳酸菌を
100mg毎日摂取した試験では、医師が5カ所の症状を診察し、アトピー性皮膚炎の症状の軽減が認められました。

【医師所見スコア】
・全身5か所の症状を医師が診察し、スコア化しました。(頭頸、前躯幹、上肢、後躯幹、下肢の点数の合計)
 ※日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドラインによる

アトピーに悩む多くの人は、同時にかゆくて眠れないというお悩みも抱えているといわれています。
しかし、実はそれもアトピーを悪化させてしまう原因のひとつなのです。
睡眠中は深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)を繰り返していて、このバランスが整っている事が理想的な睡眠といえます。ところが、つらいかゆみで眠れない、または寝ている間に無意識に掻きむしることで睡眠のリズムは崩れてしまいます。
すると、炎症やアレルギー反応を抑える働きがある「ステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)」や、肌の新陳代謝を促進する「成長ホルモン」が正常に分泌されなくなり、その結果アトピーの悪化を招くことになります。

特に、眠りについた後の最初の「深い睡眠」は大切です。
この深い睡眠をとることができれば、成長ホルモンが正常に分泌されます。
さらには十分な睡眠時間がとることができれば、ステロイドホルモンが正常に分泌されます。
成長ホルモンが正常に分泌されると新陳代謝が促進し、ステロイドホルモンがかゆみを抑制します。良い睡眠は健康のもと。ぐっすりと深い睡眠をとれるよう心掛けることが大切です。

ラフマ葉抽出物の研究は、20年程前にスタートし、
アメリカで研究を進めるうちに、その優れた作用が明らかになってきた成分です。
臨床試験などで特に顕著だったのが「睡眠の改善」です。
この研究成果は現在14報の論文となり、国内外の学会でも発表しています。
睡眠薬ではないので、飲用しても眠くなるものではなく、
あくまでも睡眠の「質」を改善するものだということもポイントです。

睡眠に不安を抱える成人男女16名の被験者を2つのグループに分け、一方のグループには「ラフマ葉抽出物」を、もう一方のグループには「プラセボ」をそれぞれ就寝30分前に50mg摂取し続けてもらいました。
摂取開始前と、摂取開始から1週間後の脳波をそれぞれ測定したところ、ラフマ葉抽出物を摂取し続けたグループでは、深い睡眠の時間が増加し、浅い睡眠の時間が減少することがわかりました。

※プラセボ… 主成分であるラフマ葉抽出物を含まず、効果を示さないと思われる多糖類(デキストリン)を用いました。

さらに、右図では40名の被験者に「ラフマ葉抽出物」を1日50mgずつ、8週間摂取してもらい、摂取前、摂取開始より4週間後、8週間後の計3回、不眠の体感に関する問診を行いました。
設問を程度に応じてスコアを算出したところ、摂取開始前と8週間後では不眠スコアは平均60%減少していました。
よって、ラフマ葉抽出物を摂取し続けると、不眠スコアが改善されていくことがわかりました。
このように、ラフマ葉抽出物は、良質な睡眠を促すことがしっかり確認された成分なのです。

健常な男性11名を対象に、ストレスがかかる計算問題の試験を行い、試験前後の唾液中のクロモグラニンA(CgA)濃度を計測しました。
すると、右図からわかるようにラフマ葉抽出物のみを摂取した場合、試験後のストレスが抑制されました。
さらに抗ストレスで有名なギャバと併用したところ、ストレスを抑制する効果が最も高いことがわかりました。
唾液中のCgAは精神的ストレスの指標で、ストレスが強いほどCgA濃度が高くなる傾向があります。
ラフマ葉抽出物は単体でもストレスを抑制しますが、ギャバによって相乗効果を発揮することがわかりました。

身近に“からだにいい”とされる食品が数多くありますが、意識しすぎるとかえって栄養の偏りになる可能性があります。
ストレスが多いと糖分に頼りがちで、それがかゆみや炎症を悪化させることも。
栄養素のバランスがとれた規則正しいリズムの食事は、本来身体が持つ機能を引き出してくれます。とはいえ、毎日綿密に計算するのは簡単ではないもの。栄養管理のアプリや、時に良質なサプリメントを活用したりするのもいいでしょう。

心身のストレスは皮膚炎を悪化させます。皮膚に問題がなくても、心理的にストレスがあるだけでかゆくなることも。
帰宅して無意識にトイレでかくのはまさに潜在的なストレスです。十分な睡眠をとり身体の疲労を回復させましょう。
ストレスは日常つきもの。避けたり、アロマやエステで癒すだけではなく、友人とのお喋り、スポーツ、音楽、旅行など忙しい中にも楽しむ時間を多くつくり、ストレスとうまくつきあえるようになりましょう。

ホコリやダニに代表されるアレルゲン。時に自分の汗がアレルゲンのことも。
バリア機能が低下した角質からアレルゲンが体内に触れると免疫反応をおこし皮膚炎を悪化させます。
皮膚に侵入する花粉から食物アレルギーを起こす可能性もあります。アレルギーの連鎖反応をおこさないよう、スキンケアをし、自分のアレルゲンを把握し除去することが大切です。ただし除去に神経質になりすぎてストレスにならないよう注意しましょう。